So-net無料ブログ作成
検索選択

一時的な資金をどこに置くか [投資]

スポンサード リンク




一時的な資金の置き場をどうするか考えていて、国内債券投資信託を再検討中です。

従来は緊急用の現金10万円くらいを銀行口座に置いて、残りは全額投資していました。この方針で特に困ったこともなく、もし急に現金が必要になれば必要な分だけ投資信託を売却すればいいと思っていました。投資信託はネット上の手続きだけで簡単に数日で現金化できるので、それで十分です。実際には急に多額の現金が必要になって投資信託を売却したことはまだありません。

今、退職後の税金や社会保険などの支払い用に一時的にハイブリッド預金にお金を残しておこうとしています。少し先に支払いが必要になることが分かっているお金まで通常の投資先と同じ投資信託に投資すると、取得単価が平均化され売却時の税金がもったいないためです。が、ボーナスが出て預金残高が増えると、このまま預金として置いておくのもなんか機会損失しているようでもったいなく感じるようになりました。特に住民税は来年の6月~再来年の1月での支払いとなり、実際に支払うまでの期間が長いです。

普通預金のままで置いておいても大した利息はつきません。短期の定期預金という手もありますが、全額一括で支払うわけでもないので管理がそれなりに面倒そうです。信託財産留保額がなく値動きの少ない投資信託1銘柄で管理し、支払時期に売却する方がお手軽で多少の利益が期待できるような気がしてきました。

先月、債券投資中止で書いたように国内債券の投資信託DLIBJ公社債オープン(中期コース)を売却したばかりですが、値動きの少ない国内債券の投資信託が一時的な資金の置き場所としてはいいのではないかと思い直しました。ただし、DLIBJ公社債オープン(中期コース)は信託財産留保額があるため却下です。短期での売買には向いていません。日本債券インデックスeなどが候補になります。

値動きがほとんどなくても投信マイレージで0.24%分の還元があり、ハイブリッド預金の0.1%よりは利回りがいいです。もちろん預金とは違って値下がりする可能性もありますが、来年支払う予定のお金であり、いくら何でも来年に日銀の金融緩和が縮小or終了して長期金利急騰・国内債券大幅値下がりなんていう事態にはならないのではないかと想像(期待)しています。もし期待以上に値下がりして用意した国内債券だけでは金額が不足してしまったら、その時は自分の考えが甘かったと諦めて、不足した分だけ別の(株式の)投資信託を売却すればいいと思っています。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ



スポンサード リンク



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

クロスパール

個人的には使途が決まっているのであれば現金として置いておく方が安心感があります。
少し話は変わりますが私は国内債券として個人向け国債変動10を活用しているのですが国内債券院でいいクスeで運用するのとどちらが良いと思われますか? SBI証券なので投信の方がいいかなあ~となんとなく思うのですが踏みけれません><

主観でいいのでお願いします。
by クロスパール (2014-12-17 05:21) 

Hiroz

> クロスパールさん
来月支払うお金とかだったら普通預金に置いておきますが、半年後や1年後となるとなんかもったいなく思いました。

長期で持ち続けるなら個人向け国債変動10の方がいいと思います。近い将来に金利上昇があると思っており、投資信託はあまりよいとは思いません。
もうちょっと考えて記事書いてみます。(ネタありがとうございます)

by Hiroz (2014-12-17 22:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。