So-net無料ブログ作成
検索選択

続・一時的な資金をどこに置くか [投資]

スポンサード リンク




債券投資の続き。

以前、国内債券クラスへの投資としてDLIBJ公社債オープン(中期コース)を保有していましたが、全て売却しました。その後、一時的な資金の置き場として信託財産留保額のない日本債券インデックスeを購入しました。

参考
債券に投資すべきか?
債券投資中止
一時的な資金をどこに置くか


最近、長期金利が下がり続けています。元々低下傾向でしたが、先月あたりから下がり方が大きくなっています。そして、金利低下に伴って債券ファンドの基準価額は上がっています。1ヶ月で1%ほど。購入前にはこんな急激な金利低下・債券値上がりは想定していませんでした。

20150118_長期金利推移グラフ.png
出典 日本相互証券 長期金利推移グラフ


先日、スイス国立銀行為替介入を止めたことでスイスフランが急騰しました。この騒動を見て、日本の国債についても先行きが何となく不安になってきました。為替介入ではないですが、今は日銀が国債を大量に買っているために長期金利が下がっています。さすがに国債購入をすぐ止めるとは思いませんが、このまま金利が低下し続けるとも思えず、どこかで下げ止まるはず。・・・下げ止まらずに、更に下がってマイナス金利にまでいっちゃうのか?

もっとなだらかな金利の動きを想定して1年くらいは国内債券ファンドを持っていても大丈夫だろうと思っていたのですが、スイスフランの騒動とこの長期金利推移のグラフを見て何か不安に思いました。一時的な資金であっても国内債券ファンドに置くのは止めておこうかな。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ



スポンサード リンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。