So-net無料ブログ作成

新興国に直接投資すべきか [投資]

スポンサード リンク




ad8d27d78c809ac8cf5cf8db6739b934_s.jpg

先日のポートフォリオでも書きましたが、現在私は新興国に直接投資していません。

2007年頃に投資信託を買い始めた頃は新興国にも投資していました。当時は新興国に投資するインデックスファンドは見当たらず、中国、インド、BRICS5ファンド(南アフリカ含む)、東欧、トルコなどの投資信託を購入していました。その後、MSCIエマージングマーケットに連動するインデックスファンドが設定されるようになり、年金積立、STAM、eMAXISの新興国インデックスファンドに乗り換えました。

が、更にその後、色々考えた結果として、先進国株式のインデックスファンドに乗り換え、と言うかまとめました。

その理由として・・・

・リターンの割にリスクが大きい
リーマンショックの前後で新興国株式は急上昇して急降下しました。あまりにも急激でした。
わたしのインデックスによれば、過去20年でのリターンとリスクは
 MSCIエマージング +7.0%(25.9%)
 MSCIコクサイ +10.1%(19.2%)
となっています。
先進国の方がリターンがよく、リスクが低くなっています。乱高下してリスクが大きい割に、長期で見るとリターンが大きいわけではありません。


・新興国の成長の果実を得るのは当事国のみではない
新興国の経済成長率は先進国よりも高いと思います。が、経済成長と株価は直結しないと思っています。先進国の企業だって新興国で稼いでいます。

例えば・・・
現在MSCIコクサイのファンドで組み入れ比率が最も高い企業はアップルです。先日、アップルの2014年10-12月の決算が発表され、過去最高の売上高と利益でした。その要因はiPhone6/6plusの好調な販売です。そして、iPhoneの販売台数ではもう中国が本国アメリカを抜いているそうです。つまり、先進国の企業は新興国でも稼いでいるわけです。新興国の経済成長率が高いからと言って、新興国の企業だけが成長する(株価が上がる)わけではありません。先進国の企業も新興国の経済成長の恩恵を受けて成長します。


・先進国株式に比べてコストが高い
インデックス投資日記@川崎さん低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較が参考になります。

先進国だと最も低いニッセイ外国株式インデックスファンドで信託報酬0.39%、実質コスト0.49%です。
一方、新興国だと信託報酬0.55~0.60%ほどですが、実質コストは安いもので0.80%、高い者だと1%を越えています。まだ実質コストのばらつきが大きく安定していない印象があります。
信託報酬では最小で0.15%ほどの差ですが、実質コストでは0.3%と差が大きくなります。新興国はまだまだ投資コストが大きいです。


・中国と韓国に直接投資したくない
これは理屈ではなく感情的な面もありますが・・・。

MSCIエマージングのなかで中国と韓国は大きな位置を占めています。中国が12%、韓国が14%ほど。この2カ国で4分の1ほどになります。昔は特に悪い印象を持っておらず、隣国ということでむしろ親近感がありました。が、言いがかりとしか思えないような歴史問題に対する行動を知り(特に韓国)、直接投資しようとは思わなくなりました。


こういった理由により、新興国株式に投資するファンドは今ではすべて売却し、先進国株式のインデックスファンドに一本化しました。保有ファンドがシンプルになり、管理が容易になるということもあります。今のところ、先進国のみで問題ないと思っています。

私がこう考えて投資しているという話であり、新興国への投資を否定するものではありません。人それぞれであり、何が正解というわけではないと思います。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ



スポンサード リンク



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

しんじ

新興国の投資について勉強してます。
長期で考えればいいのか、でも長期で考えても不安定すぎてどうなるか分からないという考え方もあり、難しさを実感してます。
痛い目をみない程度に投資することでしょうか。

参考になりました。

by しんじ (2015-02-03 23:53) 

Hiroz

>しんじさん
コメントありがとうございます。
時価総額比率やGDP比率などに合わせて新興国も含めて投資するという考え方もあると思います。特に正解がないことでもあり、どれだけ組み入れるかは難しいですね。
まぁ、それを考えるのも投資の楽しみのひとつではあります。
by Hiroz (2015-02-04 20:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。